真逆の関係 瀬戸大也さんと萩野公介さん 小さい時からのライバルでした。

今回のリオ五輪でメダルが期待されている競泳男子ですが、萩野公介選手と瀬戸大他選手の二人については実は、小さい時からのライバルであったというのです。

瀬戸 大也 .5.jpg



なんだか漫画かドラマの世界でしたらこんなことはよくあるということですが、実際にこんなことが起きてしまうというのですから世の中わからないものですね。

この二人については、これまで対戦結果をというと、どっちもどっちということです。



実力も伯仲しているだけに、それだけレースの結果も最後までもつれ込むというようなことではないでしょうか。


瀬戸大也選手と萩野公介選手の最初の対決は、小学生の時で、その時瀬戸選手も萩野選手にはかなわないと思ったというのです。そして中学になってからもこの二人はまさにライバルということになりますが瀬戸選手が萩野選手を初めて負かしたのが、ジュニア五輪の時で、そのとき瀬戸選手は友人から借りた水着で萩野選手に勝ったというのですから何が幸いするかわからないものですね。



それで、瀬戸大也選手から見て萩野選手はどんな方なのかというと、自分とは全く真逆であるというのです。まじめで頭もいいですし、賢いという方だというのです。




こうしてみますと、この二人ですが本当に対照的ですね。実力があるだけにお互いのいいところや悪いところが見えてしまうということですが、それでも小さい時からのらいばるであったということですから当然ですね。